hamaguri100.png


おせち料理の一つ「煮蛤(にはまぐり)」の意味、言われ、由来を紹介します。

「煮蛤(にはまぐり)」ってどんな料理

煮蛤は、蛤を茹でて出た出汁と、和風調味料(醤油、みりん、酒、砂糖)で煮込んだ料理です。
調理の工程の中で貝殻を取るので、食べやすい料理となっています。
お酒のおつまみとしても人気があるようです。

「煮蛤(にはまぐり)」のいわれ

二つの貝がぴったりと合うのは一組しかないことから、
夫婦円満の願いが込められた縁起物とされています。

「煮蛤(にはまぐり)」の由来

貝殻の形が栗に似ていることから、
浜の栗と呼ばれ、それが転じて「蛤(はまぐり)」と呼ばれるようになったそうです。


【参考】
https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-type__html.htm
https://www.sushiacademy.co.jp/archives/23746
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AA


関連記事