ebi100.png


おせち料理の一つ「車海老艶煮(くるまえびつやに)」の意味、言われ、由来を紹介します。

「車海老艶煮(くるまえびつやに)」ってどんな料理

「艶煮」とは、「照り煮」とも呼ばれ、みりんや砂糖を用いて、
「艶」や「照り」が出るように煮込むこと、またはその料理を指します。
車海老艶煮は、艶や照りが出るように煮込んだ料理ということになります。

エビの頭を付けたまま重箱に入れると豪華さを醸し出すため、
おせち料理の定番として定着しています。

「エビ」のいわれ

お節料理として、エビの意味は諸説ありますが、大きく分けて3つあります。

①長寿
この意味はお馴染みの通り、エビの曲がった腰や長いひげが長寿を表しており、
エビには長寿でいられるようにという願いが込められています。

②めでたし
エビの目が飛び出ている「目出立し」と「めでたし」の音が重なっていることから、
おせち料理としてだけでなく、慶事の食材として食されていました。

③成長・発展
エビは脱皮と成長を繰り返すため、成長と発展の象徴として捉えられてきました。



【参考】
https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-type__html.htm
https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/osechi_iware14.aspx
https://www.osechiya.aussie-fan.co.jp/osechi/osechi-imi/11/


関連記事