namasu100.jpg


おせち料理の一つ『なます』の意味、言われ、由来を紹介します。

「なます」ってどんな料理

「なます」は、元々は古代中国の言葉で、
切り分けた肉や魚を調味料と合わせて、生で食べる料理を指していました。

日本ではこれが転じて、魚介・野菜・果物を細く又は薄く切り、酢で和えた料理を指します。
「まなす=酢の物」と考えた方が分かりやすいかもしれませんね。

おせち料理としてのなますは、全国的には大根・人参を材料として使うのが一般的で、
地域によっては、大根と人参に加えて、梅、鮭、しめ鯖、レンコンなど様々な食材が使われています。

大根と人参が織りなす紅白の色合いによる見栄えのよさ、
酢や砂糖によるさっぱりとした味わい、低カロリーで健康的であることが人気の理由となっています。

「なます」のいわれ

紅白なますとも呼ばれるように、大根と人参の色合いがお祝いの水引の紅白であることから、
平安や平和の願いが込められています。

「なます」の漢字

「なます」を漢字で書くと、「膾」と「鱠」の2つの漢字がありますが、
肉を使ったなますを「膾」と書き、魚を使ったなますを「鱠」と書きます。
食材によって「膾」と「鱠」に使い分け、特に区別しない場合や区別が難しい場合は、
平仮名で「なます」と書くのが正しい使い分かもしれませんね。

「なます」の慣用句

「なます」は歴史が長いため、なますを使った慣用句がいくつもあります。
使う機会は少ないかもしれませんが、せっかくの機会なのでご紹介します。

・「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」 ・・・前の失敗にこりて必要以上の用心をすること
・「人口に膾炙(かいしゃ)する」 ・・・広く人々に知れ渡ること
・「膾に斬る」「膾に叩く」・・・滅多切りにする
・「蓴羹鱸膾(じゅんこうろかい)」・・・故郷を懐かしく思うこと



【参考】
https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-type__html.htm
https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/osechi_iware18.aspx
https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-namasu__html.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/膾
https://kotobank.jp/word/羹に懲りて膾を吹く-425662
https://dictionary.goo.ne.jp/word/蓴羹鱸膾/


関連記事